そがまつみの作品のこと、日常のこと、猫のことなんかを、その時々に書いていきます。
喜んだり、楽しんだり時には怒ったり泣いたりにおつき合いください。
<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
突然の出来事

それは突然でした。
2016年12月16日金曜日。
ふゆ・猫・メスが永眠。19歳と半年と2週間でした。
それから長い長い、長い一ヶ月を過ごしました。
一ヶ月をこんなに長く感じたのは初めてです。

 

初めて我が家にやってきたのは、ワタシの片手のひらに乗る大きさでした。
いろんな人に「女の子だから大人しいわよ」と言われてたのにやんちゃで、
プロレスごっこと追いかけごっことかくれんぼが大好きだった。
でも、どんなにやんちゃでもワタシ達が大事にしてるモノや、ワタシの仕事材料
にイタズラしたことは一度もなかったです。
昔に作って失敗したフェルトの上が好きだから、それをお座布団にしてあげた。
食べ物にも気をつけて、小麦やトウモロコシの入ってない良質なキャットフードを選んだ。
お年寄りになってからは、水分を摂れるようにウェットフードをスープご飯にしたり、
がごめ昆布のネバネバで食物繊維を補うようにしたりもした。
家の中にたくさん段差を作って、出来るだけ前脚の関節に負担がかからないように気をつけた。
ものすごく大事にして、ものすごく可愛がってた。
相方が忙しくてしばらく帰宅しないときでも、ずっと一緒にいたから寂しくなんてなかった。
毎日が楽しかった。一緒にいて幸せだった。
あまり甘えたりしなかったし、抱かれるのもあんまり好きじゃなかったのに、
1年くらい前からよく甘えるようになったんです。
前脚で「ねぇねぇ」とちょいちょいと触るから抱き上げると、喉を鳴らして甘えてた。

 

そろそろ体調管理が重要になってきた2012年5月30日から、毎日欠かさず健康状態を
記録してた手帳は白紙のページが続いてます。
陽のあたるお布団の上で気持ちよさそうに寝ていた猫はいないし、
階段を上り下りする小さな足音も聞こえてこない。
意地悪な夢のような気がするけど、しんとした気配のなさがワタシを現実に引き戻します。

19歳と半年と2週間、すごく、ものすごく楽しくて幸せだった。
今はまだ急に寂しくなって、ぼろぼろと泣いてしまいます。
だけれど、減ったいた体重も戻ってきました。
ワタシが食べられるものを作って、ワタシが元気になるように心配してくれる
相方に感謝して、明るくしっかりしようと思います。
そのうちに笑顔で思い出話が出来るようになりたいです。

 

困るんですけど
なぜ、そこでくつろぐの?
作業できないんですけど。





お久しぶりです、猫です。

ずいぶんご無沙汰してました。

ワイルド猫です。

元気にしています。なんと19歳!

人間に換算すると90歳を過ぎてます。

もう以前のように追いかけごっこをしたり、

プロレスごっこをする事はなくなりました。

そりゃそうですよね、90歳過ぎのおばあちゃんが、

そんな事して遊ばないですから(笑)

もう何があってもおかしくない年齢だけど、

その歳なりに過ごせればいいと思っています。

 

最近のお気に入り
この場所が涼しいとは、とても思えないのですが。
ここ2、3日はここが気に入っているようです。
このカーテンは、遮光・遮熱・防音効果があるのですが、
このカーテンから部屋側は遮熱されますが、彼女が寝ているのは、
その手前なので、けっして涼しくはないと思うのですが、、、。
本人が良いのならば、まぁいいですけどね。






恐がり
一昨日の台風のとき。
深夜にごぅごぅと雨風が激しく、地震のように家が揺れていたからか、
怖くなった猫が、ワタシの足下にくっついて寝てました。
子供の頃は一緒に寝ていましたが、大人になってからは、別だったのに。
いつもはワイルドなくせに。

今は、そろそろ夕方ですよ〜、と伝えにきています。
気持ちいいね
外は寒いけれど、部屋の中は暖か。
陽射しが心地いいね。気持ちいいね。

毛布
 
お気に入りの毛布の上でくつろいでいた、ワイルド猫。
写真を撮ろうとしたら、にらまれた。ごめん。
ウール
 
ウール。そろそろ猫もウールの上に座ります。
箱好き
 


猫は箱が好き。
気になる
 
セミの鳴き声がするんです。
すご〜く気になる。
こっちに来たら、ハントしようと思ってるんだね。
気持ちはわかるけど、そぉっとしてあげてね。